• 電話052-737-7781
  • 住所〒454-0994 名古屋市中川区長須賀3-704 光曜圓1F

ナローバンドUVB

ナローバンドUVB療法とは

紫外線治療とは

紫外線は波長の長いものからA波、B波、C波に分けられます。

なかなか直らない皮膚病の中には紫外線照射が有効なものがあります。

乾癬・アトピー性皮膚炎・白斑(シロナマズ)、掌蹠膿疱症などです。

従来の紫外線治療

  • いままで波長の長いA波を照射するのが有効とされ用いられてきました。PUVA療法といいます。
  • この治療には、照射前にソラレンという薬剤を内服あるいは外用する必要があります。
  • 治療後に室外の日光に当たっても反応してしまうため注意が必要です。

ナローバンドUVB

  • 最近、狭い範囲の中波長(B波)を用いた治療が行われるようになりました。(波長311㎚)
  • この方法はソラレンを事前に用いる必要がなく、また治療に必要な波長のみを用いているため短時間で処置が終了します。
  • これがナローバンドUVB療法で、当院でも実施しております。

治療前の検査

  • 紫外線照射のためヤケドする危険性があります。
  • 一人ひとりに適した照射量を測定する検査を治療実施前に施行しています。(判定は翌日です)

308エキシマーシステム(アブソルート社)

この治療機は308nmの紫外線を発生するエキシマライト光線治療器です。

  • エキシマライトは、ナローバンドUVBの中でも、308㎚の波長に限局した治療法です。
  • 1回の照射範囲は限られますが、ナローバンドUVBに比べ、照射時間が極めて短いのが特長です。

従来のナローバンドUVB療法より、健常部位にダメージを与えず、病変部のみを治療できる治療法です。

エキシマライトによる治療の利点としては

1
早く効果が出てくる
2
かゆみの改善が早い
3
他の治療にが有効でなかった病変にも効果が期待できる

などです。

  • ダーモカメラ
    ダーモカメラ
    1台2役で通常撮影と接写撮影が可能な、カシオ社製のダーモカメラを導入しています。これにより皮膚疾患の細かな様子の観察や、ほくろやシミの診断などに役立ちます。

モバイルサイト

https://www.ando-clinic.net/

モバイルサイトはこちらのQRコードをご利用ください。

  • 感染症対策
    空気清浄装置
    空気清浄装置エアロシステムを導入しており、ウイルス・細菌・微粉塵・花粉を除去し清潔で安心できるクリーンな環境にしています。
ページトップへ
文字サイズ